理事長所信

ホーム理事長所信

公益社団法人袋井青年会議所 第54期理事長 鈴木将規

 袋井青年会議所は「明るい豊かな社会」の創造を目指し、多くの先人達が53年もの歴史を積み重ねてきました。現在も我々が活動を持続できるのは、地域で必要とされていることを見極め、全力で向き合い、まちの未来を真剣に考え行動してきたからです。我々もその思いを継承し、「明るい豊かな社会」の創造という限りない理想を目指し努力し続けていますが、昨年初頭、近年体験したことのないパンデミックが世界規模で発生し、我がまちも祭典を始めとした地域活動の中止など影響をうけました。この状況がいつ終わるか予期できない中で、我々も新しい生活様式に合わせ活動をおこなってきました。そこでの経験として、顔を合わせ、時間を共有できる尊さ、人と人とのつながりの大切さなど、これまでの生活よりも強く感じられたものが多くあり、また、私達はこのような状況下でも、歩みを止めぬよう活動し、様々な学びを得てきたはずです。今こそ、この地域に住まう人々の心を豊かにし、再度このような危機が来ようとも「明るい豊かな社会」を創造する歩みを続けられるよう、我々が革新者として組織や事業展開を進化させる時なのです。


 私たちのLOMエリアであるFUKUROIが、この難局を乗り越え、より輝くまちになるには、まちの為に能動的に行動する地域人を増やし続ける事が必要であり、このまちに住む住民がこのまちの魅力に気づき、愛着を持ち、まちをもっと良くしていきたいと思って頂くことが大切です。袋井青年会議所が活動するエリアには、多くの観光、産業、自然、農産物など多くの魅力があります。その魅力に気づき自ら発信し行動する人たちが、まちの魅力となり、我々の求める社会へと近づいていきます。LOMエリアの魅力は、毎年少しずつ増えています。我々もまちの魅力を探求し、地域のリーダーとして魅力を伝播させていきましょう。
 そして、このまちの未来の地域人である青少年には、ゆっくりと地域の魅力や、地域住民の愛情を感じながら成長していただくことが大切です。また、地域住民が未来を担う地域の宝である青少年を育成する大切さに気づき行動することは、まち全体で青少年を育成し続けていく好循環社会へと向かいます。私は子供の頃に、先人達がおこなった袋井青年会議所の事業に参加しました。青少年期にまちの魅力に気づく体験を与えていただき、その結果、現在一人の地域人として行動しています。我々も青少年に対して、様々な経験や気づきを通じてこのまちの魅力を感じることのできる事業を展開し、将来このまちを愛する地域人へと成長を促していきましょう。


 我々青年会議所メンバーが率先して行動する地域のリーダーとして活動するには、ただ青年会議所の活動をするのではなく、青年会議所の理念を理解し、同じ方向性を見据え、明確な自分の軸をもってリーダーシップを発揮し活動することが大切です。果敢に活動に挑む人々の背中は、周囲の人々を奮起させます。同じ志を持ったメンバーが切磋琢磨するからこそ成長し、達成感や充実感が生まれ友情を育みます。また、青年会議所にはブロックや地区など、LOMを離れた場所にも多くの学びがあります。学んだ知識をLOMに還元することで更にLOMは強化されます。本年度は今まで以上に容易に参加できる機会が増えます。果敢に成長の舞台となる多くの事業に参加してみましょう。LOMの活動やそこで得る経験や友情は永遠の財産になります。青年会議所の役職は毎年変わります。1年間役職を全うし、更に逞しいJAYCEEへと成長していきましょう。


 明るい豊かな社会を目指すためには、多くの同志の存在が不可欠です。逞しいJAYCEEである地域のリーダーが、このまちに溢れたら地域はもっと魅力的になっていくでしょう。そして、我々の組織には卒業制度があります。限られた時間であるからこそ、私達はまちの為に行動し続けることで、かけがえのない成長を得ます。そして多くの同志がいれば、未来の明るい社会を描くのに新たな手法が生まれてくることでしょう。会員の拡大は、組織に新しい風を吹き込み、新たな発想を生み出し、組織をイノベーションさせます。我々の組織の魅力を発信し、会員拡大の重要性を考え、組織を更に強化していきましょう。

 組織力の強化には組織運営の革新も必要です。我々が明るい豊かな社会を創造するため、立案し、協議審議する会議の質を、新たな手法を取り入れイノベーションし、より向上させていきましょう。それは、アクションを起こした瞬間から始まり未来にも活きる1つのアプローチになるはずです。


 この時代を、英知と勇気と情熱で切り抜けた我々は、より強くなり、存在感を増していきます。逞しいJAYCEEは広告塔となり、我々の魅力や地域人の精神をまちに伝播し、まちの皆様から衆目を集め、更に明るい豊かな社会を創造できる団体へと革新していきます。私を含め多くのメンバーは、昨年の事態で実現できなかった様々な事業に悔しさを覚えたはずです。しかし「このような時代だから」の後ろに「こそ」をつけてみてください。諦めが挑戦へと変わります。様々なことに挑み続け、新たな切り口を加えれば、新たな事業を展開することができます。このような時代だからこそ気づいた学びを活かし、どのような状況でも「明るい豊かな社会」を創造し続ける、逞しいJAYCEEが溢れる袋井青年会議所へと革新するように挑み続けよう。だからこそJAYCEEだ。


2021年度 第54期


公益社団法人袋井青年会議所スローガン


挑め革新者!だからこそJAYCEE


基本方針


逞しい組織への革新と、地域人溢れる社会の創造


重点事業


地域人拡大と未来の地域人の醸成
組織力の強化と事業のイノベーション