事業方針

ホーム事業方針

総務委員会

委員長 西谷直樹

 社会が常に豊かな未来を目指し動いている中で、地域人として活動する袋井青年会議所も時代に合った変化を求められています。これまで堅実な業務運営を遵守し、袋井青年会議所の組織基盤を守ってきた総務委員会も、求められる変化に合わせ組織基盤をより良いものにしていくことが必要です。
総務委員会は、JC活動において絶対不可欠な総会を運営する立場であるとともに、組織基盤を担う委員会です。その中でこそまずは既存の質の向上を行うべきだと考えます。これまで積み上げてきたものをより効果の高いものへと成長させることも革新的な活動の一つと考え、新たな試みばかりに捉われずこれまでの活動内容の見直しを第一に行います。
 総務委員会としてまずは、総会運営に対してアプローチを行います。総会は袋井青年会議所の最高議決機関です。メンバー全員が総会の意義を理解して頂けるよう活動していきます。そして、組織基盤の質の向上として期限の厳守と正確な作業の徹底にも取り組みます。そのために、総会運営や総務委員会としてのこれまでの活動内容や手法を見直し、良いものは踏襲していく中で変えていくべき事や新たな仕組みを取り入れることに挑戦していきます。また、理事会セミナー・財政セミナーを開催し、質の高い組織基盤の必要性を伝えるとともに実践して頂くよう総務委員会として各理事メンバーに働きかけ、そしてメンバー全員も共有出来るよう活動します。さらに、総会以外にも例会を実施し、JCとしての組織基盤をメンバー全員で学び直す機会を提供し、全員で理解を深めることで組織全体の質の向上へとつなげていきます。メンバー全員が総会や組織基盤の重要性を理解して頂くことで、スムーズな組織運営を促します。そして、理事会や委員会も目的に集中した議論を展開し例会や各委員会活動の効果をより引き出すことで、JC活動がより活性化し、メンバーが明るく活動できる環境へと変化させ、さらに効果的な手法を創出させます。
 基本を徹底し強固な基盤を構築した上でこそ、これまでにない新たな手法に全力で挑戦することができ、さらなる質の向上や業務効率化へとつながっていきます。有限で貴重な時間を自分達で創意工夫し捻出することで、いつの時代も常により新たな可能性へと挑戦し続けることができます。その新しい挑戦にみんなが迷うこと無く突き進むことができるための土台を築くことが、私の目指す総務委員会なのです。

財政担当理事 鈴木康仁

 袋井青年会議所はいつの時代もより良い方向に進むために活動しています。その活動は総務委員会が組織基盤を守ってきた中で行ってまいりました。そして活動の根幹はメンバー自らが納める年会費によって支えられていると考えます。
 総務委員会として堅実な業務運営を遵守する中で、財政担当理事として正確な予算運営、そして決算報告をすることが財政基盤の安定に繋がると考えます。
そこで、メンバー全員に年会費の必要性を改めて周知し、年会費納入期日の厳守を徹底いたします。また議案上程者に財政セミナーを実施し、適切な予算書の作成方法を説明します。さらに全メンバーからお預かりした年会費を予算通り的確に処理していくため、各委員会議案の協議・審議におけるサポートをこまめに行います。そして1年間予算を正確に管理することで、誰がみても透明性のあるわかりやすい決算報告をしていきます。
 財政担当理事として責務を堅実に遂行することで財政基盤が安定し、メンバーがよりよい事業を展開できる体制が整うことで袋井青年会議所がさらに逞しい組織として成長し続けると確信し活動してまいります。

組織基盤革新担当理事 寺田圭佑

 総務委員会は、組織基盤を守り継ぎながらも創意工夫を行い柔軟に対応することで、いつの時代も袋井青年会議所が活動し続けられる土台を受け継いでまいりました。今後も、活動し続けていくためにも常により良くしていく革新的な気持ちが大切なのです。
 総務委員会は、組織基盤を守る委員会です。組織基盤を着実に守ることで袋井青年会議所が活動するための土台が作られます。メンバーが安心して活動できるように組織基盤を着実に守る中で、より活動しやすくなるように創意工夫を行います。
 我々の活動は委員会で会議を積み重ね練られた議案を総会と理事会の会議にて更に精査され決定し実行されてまいります。質の高い会議で決定した事業であることは、安心して活動することに繋がります。だからこそ質の高い会議をし続けていく中で、質の高い会議とはなにかLOM全体で見つめ直す機会を設け、そこで得た気づきを今後の委員会や理事会にて実行してもらいます。そして、総務委員会の業務全てを見つめ直し常に創意工夫を行い次の時代に継いでまいります。
 常に柔軟であることでいつの時代も活発に活動できる土台が守られます。そして、革新的な気持ちで活動することで、個人が成長し続けることになり、その成長が組織の成長になることを信じて全力で活動してまいります。

地域人拡大委員会

委員長 栗田拓家

 袋井青年会議所は第54期を迎えることができました。これは先人達が、どんな時代の中でも明るい豊かな社会を目指し、積極的に活動をしてきたからこそ、現在の我々があるのだと思います。しかしながら昨今、会員の減少という決して先送りできない大きな問題を抱えております。明るい豊かな社会を目指す我々にとって、会員拡大をしていくことが重要なのだと考えます。
 本年度、地域人拡大委員会では「革新的拡大」をテーマに多種多様な方法で会員の拡大を行い、組織を強化していきます。
まずは地域人拡大委員会が先頭に立ち、袋井青年会議所の魅力を発信し、メンバーを巻き込みLOM全体で行う拡大活動を実施するとともに、新たな方法を積極的に活用し会員を拡大していきます。そのためにまずは袋井青年会議所の魅力を発信できる会員募集リーフレットを作成し、そしてメンバー全員に拡大する事の必要性を伝え、一人ひとりに拡大について真摯に向き合っていただきます。また歴の浅いメンバーでも拡大候補者や企業にわかりやすい説明ができるよう会員募集リーフレットを用いた拡大方法を展開し、LOM一丸となった拡大活動をしていきます。そして候補者は勿論、OBや他団体との交流会を実施し、新たな拡大候補リストを増やすとともに袋井青年会議所を身近に感じて頂く場を作っていき入会に繋げていきます。また入会を迷っている拡大候補者には仮入会制度を導入し、袋井青年会議所の活動を肌で味わっていただき粘り強く拡大活動を行い更なる入会へと繋げていきます。
 晴れて正式に入会いただいたメンバーには入会式を行い、袋井青年会議所の一員という自覚を持っていただきます。そして新正会員が主体で作り上げる例会を実施し、やりがいを感じていただき逞しいJAYCEEへと成長させ組織に新しい風を吹かせていき、袋井青年会議所の革新へと繋げていきます。
 本年度、会員減少という大きな問題を革新的拡大で乗り越えた時、袋井青年会議所はもっと魅力的な組織となり、更に拡大することのできる仕組みができ、袋井青年会議所は、常に地域から必要とされる持続可能な組織としてより明るい豊かな社会へと前進していくと確信しています。

まちづくり担当理事 小島健太郎

 袋井青年会議所のLOMエリアであるFUKUROIがより輝くまちになるためには、まちの未来を真剣に考えより良くしようと行動する地域人の存在が必要であり、その存在はいかなる時代にあっても増え続けていくことが必要です。そのためには、このまちに住む人々がまちの魅力に気づき、誇りと愛着を持つことが大切であると考えます。
本年度、私は地域人拡大委員会の一員として、このまちに住む人々にこのまちへの誇りと愛着を持っていただく事業を通じて、このまちの新たな地域人を拡大して参ります。
 FUKUROIには、永きにわたり受け継がれてきた文化や、観光、産業、自然、農産物など数多くの魅力が存在します。まちづくり事業の中で様々な手法を通じて多くの組織や団体と、まちの魅力を発信することでこのまちに住む人々が誇りと愛着をもつためのきっかけを作って参ります。また、各分野で活躍する人々を事業作りから巻き込み、共に協力してまちづくり事業を作り上げていくことで、互いの繋がりをより深いものにし、やりがいや達成感を分かち合い、今後更にまちのため能動的に行動する一歩を踏み出していただきます。
 このまちの魅力に気づき、誇りを持ち愛することが、このまちをより良くしていこうと思い行動するための原動力になると私は考えます。我々の活動を通じて、このまちFUKUROIがより多くの地域人で溢れる明るい豊かな社会へとつながることを信じて、一年間活動して参ります。

広報担当理事 鈴木健嗣

 私たち袋井青年会議所は53年もの間、明るい豊かな社会の創造を目指し、一つ、一つ活動を積み重ねて参りました。それは、現在の新しい生活様式の中においてもFUKUROIがより輝くまちになる為には事業を継続していく事が必要です。またそうした事業をより多くの方に知っていただき評価を得る事が組織の成長や個人の成長に繋がると考えます。
 本年度私は広報担当理事として、常にオープンな情報を展開する事で「まちと組織を繋ぐ広報」を目標として一人でも多くの方に情報を発信し関心を高め、更にその関心が会員拡大へと繋がる事を目指した活動をいたします。
 その為にまずは、周知されにくい現状の改善として、幅広い年代の方が利用するSNSを用いて、委員会や事業の風景を通じて人にスポットをあてて情報発信を行ってまいります。SNSには、投稿された情報に対し興味を持たれた方に評価やシェアされる事で新たなフォロワーを獲得でき、現在の人と人との接触が困難な状況においても画像や動画を用いて視覚的にアピールする事も容易です。JAYCEE自身を広告塔とし、リアルタイムでフレッシュな情報をその都度拡散させ、結果としてホームページへのアクセス数の増加や会員拡大への起爆剤へと結びつけて参ります。更に会員拡大活動の際にはより効率を上げる為の会員募集リーフレットを作成いたします。その他にも、拡大候補者への手渡しによる直接的な配布や店舗スペースに置いて頂くなどする事で、SNSを利用されない方への情報の発信源としての役割も担う事が出来ます。
 広報を通じて、私たちの活動に引き付けられた地域住民が、新たなる地域人となり袋井青年会議所に入会し組織に新しい風を吹かす。私はそれが、FUKUROIの未来に繋がる広報活動であると確信しています。

地域人開発委員会

委員長 澤元佐和仁

 我々、袋井青年会議所は明るい豊かな社会の創造を理念に、地域を思い活動してきました。その意思を継ぎ、更に成長して地域に必要とされる組織であるためには、メンバー一人ひとりがリーダーとして相応しい人材に成長することが必要不可欠です。
人の心を動かすのは、何かを成し遂げるために本気で挑む背中と考えます。本年度地域人開発委員会は、「背中で見せるJAYCEE」をテーマに活動していきます。「背中で見せるJAYCEE」とは、失敗を恐れず果敢に挑戦する、高い志を持ったJAYCEEです。背中を見せ、このまちの地域人の一員として、地域の人々を奮起させる逞しいメンバーで溢れる袋井青年会議所を目指していきます。
 その為には一人ひとりのJAYCEEが、今より成長したいという気持ちを持って行動することが必要です。まずメンバーに一年の活動の軸となる目標を掲げてもらい、一年後の自身の姿を想像することで自己成長の動機付けを行います。そして目標に向かうメンバーの姿をLOM内で発信していき、高い意識を保ち続けられるようサポートしていきます。その上で、成長の場である例会を始めとする様々なJC活動に、受動的でなく能動的に参加することが重要です。一つひとつの活動に目的を持って参加できるよう、委員会訪問を行い事業に対する思いや内容を共有し、メンバーに事業の魅力を伝え発信することで興味を惹き出席率を向上させます。また定期的に委員長会を開催し、情報共有をすることで連携を深めると共に、時には互いに励まし合い切磋琢磨していくことで組織としての強さも培っていきます。
 JC活動はLOM内だけには収まりません。LOM外で行われる各種大会や会議は、JCが持つスケールメリットを感じると共に、新たな出会いが刺激を与えてくれます。また本年度は静岡ブロック協議会の事業により参加しやすくなります。出向者の支援は勿論のこと、他のメンバーにも事業の意義を伝えることで参加しやすい環境を整えます。そして出向者に対し、出向先での活動、参加状況を把握し的確にサポートします。出向者には出向先で学んだ知識をLOMに還元してもらうことでさらに組織を底上げします。
 果敢に物事に挑戦する背中に人は惹かれ、互いに切磋琢磨し成長する好循環が生まれます。逞しいJAYCEEで溢れた組織は多くのリーダーを生み、地域に住む大人だけでなく青少年にも好影響を与え、我々が目指す明るい豊かな社会の創造の実現にまた一歩繋がります。そのために地域人開発委員会が率先して組織を牽引し挑戦者として背中を見せていきます。

青少年育成担当理事 野中聖也

 明るい豊かな社会を実現するには、このまちを愛する多くの地域人の存在が欠かせません。そのためには大人だけでなく、このまちの未来の担い手である子ども達を育成していくことが重要です。多くのことを吸収し、成長していく多感な青少年期に、人と人の繋がりや愛情、地域の魅力を感じる機会が必要であると考えます。
 本年度、青少年育成担当理事として、多くの未来の地域人を育成していくために活動してまいります。未来の地域人とは、このまちに愛着を持ち、人に対する思いやりの心と、失敗を恐れず挑戦できる行動力を持った子ども達と考えます。また、子ども達の育成環境をより良いものにするために、大人にも地域一体での青少年育成の重要性を伝えていきます。
そのためには地域の大人達と連携して、この地域が持つ観光や文化、特産物など多くの魅力を知ってもらいます。その中で一つの目標に向かって、子ども達が力を合わせ達成する機会を与えることで、思いやりの心と、挑戦することができる行動力を育みます。
 この事業を通じて、子ども達は将来このまちを愛する地域人として成長していきます。また大人達には、まち全体で青少年を育成し続けることの大切さに気付いてもらいます。そして我々JAYCEEも、子ども達に一人の地域人として、未来の地域人の為に一生懸命取り組むかっこいい背中を見せることで、己を更に成長させることに繋がるはずです。それこそが地域人溢れる社会の創造の一歩となり、明るい豊かな社会を築くことが出来ると信じて活動していきます。

 

青少年育成担当理事 松井哲也

 

 袋井青年会議所は約半世紀もの間、明るい豊かな社会の創造を掲げ活動してまいりました。その実現に向かうには、私達の活動が地域に波及していく事が必要であり、多くの団体と連携していく事が重要であると考えます。
本年度、渉外担当理事として、今までに協働してきた団体との絆を大切にしつつ、更にはLOMにとって必要な団体を発掘して関係を構築していきたいと考えております。又、同じ志を持つ近隣LOMとの交流を図り、情報交換をしながらお互いの意識を高めていきます。
 私が袋井青年会議所の窓口となり、事業を行う上で必要な繋がりを、積極的に他団体と築いていきます。繋がる団体の目的を理解し、袋井青年会議所の事も知っていただく事で、より深い関係になります。そして、メンバーに対しては、有意義な情報を得られるように行動し発信していきます。又、近隣LOMとの関わりの中で、袋井青年会議所と他LOMとの違いや気づきを感じてもらい、切磋琢磨することで袋井JCらしさや誇りを感じていただくと共に、それぞれのLOMの強化に繋げて参ります。
 袋井青年会議所が地域の団体と協働していく事は、より大きな効果をこのまちにもたらし、明るい豊かな社会を創造するための大きな運動としていけます。そしてなにより、私達のLOMがより逞しくなっていきます。その礎になるべく、1年間渉外担当として背中を見せていきます。

 

会員クラブ

委員長 澤元 佐和仁

 青年会議所の集いは20歳から40歳までの年齢も業種も役職も性別も様々な環境の青年達が集まった組織です。入会しなければ出会う事のなかった人達もたくさんいると思います。そのような組織の中で大きな目標に一丸となって向かって行くには会員同士が相手の事を知り、自分の事を伝え、互いの理解やコミュニケーションが必要です。
 本年度、会員クラブでは「深友」をテーマにメンバー相互の親睦を目的に活動を行っていきます。「深友」とはJC活動を共に行っていく中で、生まれる深い友情です。同じ志を持つ仲間と深友の絆を築くには共に喜び、共に楽しみ、共に感動する事が大切です。
 例会後にはスマイルタイムを設け、メンバーの誕生日や旦那様、奥様の誕生日、結婚記念日を皆で喜びます。また例会終了後には、懇親会を設営して担当委員会の労を労ったり、良かった点や反省点を熱く語り合ったり、メンバー同士の交流を深めて、共に過ごせる時間を楽しみます。そして懇親会の中では自己申告スマイルを行い、メンバーが自由な発言ができる場を設け、メンバーの様々な一面を知り、会員同士の理解を深めていきます。また私達がJC活動に邁進できているのも、かけがえのない家族の理解や協力があるからではないでしょうか。そんな家族のためにも家族交流会を企画して、メンバーや家族同士の交流を深め、また更に深い絆を築いていきます。忘年会では、1年間共に切磋琢磨してきた仲間の労を互いに労い、1年間の活動を思い出し感動のシーンで締めくくります。
 会員同士が仲間の域を超え「深友」の絆が築けた時、(公社)袋井青年会議所は更に一致団結した組織となり、同じ方向に向けて大きな1歩を踏み出せるよう1年間活動していきます。